2020年からの英語教育と早期英語教育

こどもの早期英語教育の人気が高まっています。英語活動の授業を取り入れる幼稚園や小学校が増えてきましたし、幼児や小学生向けの英語教室、英語教材、オンライン英会話、親子留学なども、一般的になってきたからでしょう。

また、2020年より実施される英語教育改革の影響もあります。

いま小学校5年生と6年生で実施されている体験型学習の外国語活動が、小学3年生と4年生で行われるようになります。成績はつきませんが、アルファベットを書く練習や、動物・食べ物・色などの単語を楽しく学ぶ大事な時期です。

そして、5年生と6年生は、英語が評価対象となる正規の科目として加わります。いままで中学校で学んでいたレベルの内容を小学校で終えて、中学校では今の高校レベルの内容を、すべて英語で教える実践的な授業へと変わります。

小学校高学年になると漢字も難しくなってきますし、従来の学習内容に加えて英語を勉強することに、不安を感じる保護者も多いと思います。

また、学校の成績や受験のための英語学習ではなく、将来世界で活躍できる実践的な英会話力、コミュニケーション能力を、学校の英語授業で本当に身につけられるのか・・・ 受験だけの英語を経験して、英会話力にコンプレックスをもつ保護者の方々は、子供たちにはそうなってほしくないという思いから、早期英語教育をはじることで安心できるそうです。

このブログでは、子供にとって一番効果的な早期英語教育について考えていきたいと思います。