英会話以外にもメリットがあるバイリンガル教育

日本では、バイリンガルと聞くと特別な存在のようなイメージがありますが、国境が複数の国と接しているスイスなどのヨーロッパ諸国では、多くの子供たちが2か国語、3か国語を自由に話すことができます。日本人のように、一生母国語のみ話すモノリンガルは、世界でも少数派といえます。

バイリンガルに育てることは、外国語を話せるようになるだけではなく、子供の知的発達を刺激したり、柔軟性のある思考力や想像力を高めたり、言語感覚が養われるため、第二・第三外国語の習得にも役立つといわれています。

モノリンガルの人が外国語を習得するためには、海外留学したり、長期間英会話学校へ通ったりと、時間と労力にくわえ、経費も余計にかかってしまいます。幼児期から小学校6年生ころまでにバイリンガルに育てる以上に、苦労がともないます。

以前は、父親の仕事の関係で幼少期を海外で過ごしたり、国際結婚の家庭など、特別な環境で育った限られた人がバイリンガルになると考えられてきましたが、昨今では、家庭や学校、環境を整えることで、お子さんをバイリンガルに育てることができるノウハウが明らかになってきました。幼少期に海外生活を送った帰国子女や海外で生まれて育った日系子女など、自然とバイリンガルに育った大勢の子供たちの体験談によるものです。

一番大切なことは、家庭のなかで、はっきりと二カ国語を使い分けること。言語の形成期である2歳から12歳頃までに、お子さんを言語の使い分けをする環境におくことで、自然と子供がバイリンガルに育つことがわかっています。インターナショナルスクールや親子留学もひとつの方法ですが、それほど経費をかけなくても、この環境を家庭でつくることで、どんなお子さんもバイリンガルへ育てることができるのです。