格安の子供向けオンライン英会話のプランを紹介します!

教室へ通う英会話教室にくらべ、オンライン英会話の安い授業料は、親御さんにとって大変魅力的なメリットです。

また、習い事をさせたくても、仕事で教室へ送迎することができないご家庭でも、自宅でパソコンやタブレット、スマホを使って、レッスンを受けられることは有難いことでもあります。

英語の上達は、英語に触れた時間に比例するといわれていますので、週1回よりも毎日1レッスン行うプランがお子さんには適しているため、毎日25分のレッスンを1回受講できる格安プランを提供してるスクールが結構あります。

一ヶ月の受講料は、4,500円~2万円ほどまで幅がありますが、ネイティブやバイリンガル講師のスクールは料金高めで、フィリピン人講師のところは格安となっています。

ネイティブの先生とフィリピン人講師の先生では、発音も話す速度もかなり異なりますので、はじめての方には迷うところではありますが、予算が許すのであればネイティブが良いでしょう。

でも、フィリピン人講師のなかにも発音の良い先生もたくさんおりますし、若くて優しい先生が多いので、小さなお子さんのなかにはこちらが向いてる場合もありますので、体験レッスンを利用して見極めることが大切です。

とにかく予算をおさえて格安のプランを希望する方には、学研のkiminiオンラインが提供している「ライトプラン」があります。

平日の朝9時から18時のみ限定でレッスンを受講できて、月額2,980円です!

学校が終わった後に1レッスンできて、週末はお休みなので、お子さんにピッタリなプランだと思います。また、どちらもレベルと興味にあったコースが豊富で、学研らしい予習復習ができるカリキュラムがしっかり用意されています。

また、レッスンはスカイプではなく、独自の学習システムを使用しているため、事前に教材を準備する手間もなく、授業中はテキストと先生の顔をひとつの画面でみながらスムーズに学習が進行しますので、お子さんでも安心して受講ができる環境が整っています。

また、格安のスクール場合、同じオフィスで行われてる他の先生の声がうるさかったりする場合がありますが、このkiminiではそういった問題はすくなく、対面授業と同じような雰囲気のなかで学習することができます。

数あるオンライン英会話のなかで、低料金でここまで優良なサービスを提供している、非常にコスパの良いスクールです。

また、兄弟でレッスンをシェアしたいご家庭には、学研クラウティで月額4,500円があります。

いまは、英会話に限らず、プログラミングや音楽、アート、家庭教師などもオンラインによるサービスが増えていますので、上手に取り入れていけたらいいですね。

英検合格や海外留学を目指すお子さんのためのオンライン英会話スクール

お子さんが英会話にだいぶ慣れてきて、そろそろステップアップのため英会話スクールを変えようかなと思うときが来ます。

はじめは、小さなお子さんが英語に興味を持ってもらえうように「楽しさ重視」や「低料金」で選んで決めていた方も、英検やTOEFL primary、TOEFL junior Standard、海外留学、大学受験を視野にいれた「カリキュラム重視」の学校を選びたくなります。

英検合格のためのレッスンコースを設けている子供のためのオンライン英会話スクールには、「リップルキッズパーク」「kimini」「mytutor」「キッズスターイングリッシュ」「ハッチリンクジュニア」「グローバルコミュニケーションズ」「ベストティーチャー」「レアジョブ英会話」があります。

このなかでも、「グローバルコミュニケーションズ」はネイティブ講師が在籍していますので、よりハイクオリティなレッスンになります。

将来的に英検を受けさせたいとお考えでしたら、最初から英検コースのある学校を選ぶのも良いでしょう。

また、海外留学を希望されていたり、お仕事の都合で家族で海外赴任するご家庭には、これまでも紹介してきた「Global Step Academy」が最適です。

 

東京にあるインターナショナルスクールが運営しているオンライン英会話スクール「Global Step Academy」は、日本人家庭でもお子さんが十分にネイティブレベルに達することができるレッスンを提供しています。

カナダやアメリカ出身の優秀な講師とのマンツーマンレッスンに加えて、オンラインで英語の絵本や童話を読んだり、アプリや宿題に取り組んだりと、レッスン以外の時間にも英語に触れられる環境づくりも充実しています。

また、毎日無料で読み聞かせライブレッスンが配信されているのは、英語に自信のないお母さんたちにとって、大変有難いサービスだと思います。

さらに、イベント開催や海外留学の相談もできるなど、レッスンだけではなく、トータルで学習サポートしてくれる素晴らしいスクールです。

オプションで、英語での算数やマインクラフトなどを使ったプログラミングの授業も提供しているので、ある程度英語力のついたお子さんに挑戦させてみるのも良いでしょう。

インターナショナルスクールが運営しているオンライン英会話スクール

これから英会話力が重要視される流れをうけて、お子さんの英語教育やバイリンガルになるために、インターナショナルスクールへの進学を考える家庭が増えています。芸能人のお子さんも多く通っていますので、やはりそれだけ魅力がある印象を受けます。

インターナショナルスクールは、英語で授業がおこなわれるのはもちろん、様々な国籍の生徒や先生と一緒に生活することで、国際的な視野や知識を養うことができます。また、英語のほかに、フランス語やスペイン語を教えるカリキュラムの学校もあります。

また、「国際バカロレア」という日本の大学入学資格が含まれたインターナショナルスクールも多くなってきたので、英語力を養いながら日本の大学へ進学できるようになったのも人気の理由です。

とはいっても、インターナショナルスクールの学費は、学校によって差がありますが、一般的に小学校で年間200万円以上、中学・高校と通うと2400万円以上もかかってしまいます。授業料のほかに、建物の管理費やメンテナンス費用、バス送迎などの出費もかかります。

入学時に英語の試験がある学校もありますし、英語圏で2年以上の就学が条件となっていたりと、学校によって入学条件も様々です。

興味はあっても経済的に難しかったり、都心や大都市に集中してるため、地方在住者には通えない問題もあります。

そういう方には、通学ではありませんが、オンラインでインターナショナルスクールのカリキュラムを学習できるサービスがあります。Global Step Academyというオンライン英会話スクールです。

日本の小学校や中学校へ通いながら、自宅で英語による英会話や算数、プログラミングなどの授業をマンツーマンで学習できる画期的なサービスです。

通学がないので遠方の方でも受講できましし、予算にあわせてコースを選ぶことができますので、こういうサービスも利用してみるのも良いと思います。

 

 

兄弟や家族みんなで学べるオンライン英会話

子供は、兄弟や家族といっしょになにかに取り組むことに、興味ややる気を示します。

「お兄ちゃんがやってるから私も!」

「パパもいっしょにやろう!」

とお子さんが言い始めたら、しめたものです。

一般的な子供向けの月額制のオンライン英会話では、お子さん一人に対してひとつのアカウントをもちます。兄弟ふたりで習う場合は、アカウントがふたつ必要になるため、二人分の月謝がかかります。

塾やほかの習いものもありますので、兄弟が多いと出費が大変です。また、体調不良や用事があってレッスンが受けられない時、お兄ちゃんや妹など、家族の誰かが受講できたら便利ですよね。

英会話を習いたい家族が二人以上いるなら、兄弟や家族でひとつのアカウントを共有できるオンライン英会話が便利です。無駄がなくレッスンを利用できるだけではなく、家族で英語に触れる環境をつくるメリットがあります。家庭で少しでも英語をつかうことは、上達に大変役立つからです。

アカウントを家族でシェアできるオンライン英会話には、「リップルキッズパーク」、「ハッチリンクジュニア」、「クラウティ」などがあります。そのなかでも、「リップルキッズパーク」は、アカウントの共有ができる上に、ひとつのレッスンを家族みんなで参加できる、ユニークなサービスを提供しています。

オンライン英会話のほとんどが、マンツーマンの個別レッスンですので、はじめてオンライン英会話をはじめるお子さんには、とても良い環境づくりになるでしょう。

ほかのオンライン英会話スクールで、うまくレッスンが進まなかったお子さんには、無理にマンツーマンレッスンを続けさせるのではなく、兄弟や家族と一緒に参加できるスクールへ変えてあげて様子をみるのもひとつの方法です。

お子さんにとって一番大切なことは「楽しい」と感じることなので、そこを上手にリードしてあげましょう。

 

 

 

 

 

毎日レッスンがあるおすすめオンライン英会話スクール

子供をバイリンガルに育てるうえで、毎日30分ほど英語に触れる環境を作ることは大変有効で、親御さんが英語をまったく話せない家庭でも、オンライン英会話スクールを活用することで容易に実践することができます。

毎日25分ほどのレッスンを受けられるプランがある子供向けのおすすめオンライン英会話スクールには、「GLOBAL CROWN」、「イングリッシュベル」、「QQ English」、「キッズスターイングリッシュ」、「産経オンライン英会話」、「kimini」、「e英会話」、「ビッグイージー」などがあります。

一ヶ月の授業料は、「GLOBAL CROWN」が19,800円、「イングリッシュベル」が15,400円、「QQ English」が5,780円、「キッズスターイングリッシュ」が9,900円、「産経オンライン英会話」が5,980円、「kimini」が5,450円、「e英会話」が6,500円、「ビッグイージー」が6,800円です。

英語が母国語のイギリス人やアメリカ人などのネイティブ講師や、日本語と英語のバイリンガル講師がレッスンをおこなうオンライン英会話は、英語を公用語とするフィリピン人講師のレッスンよりも割高で、また、フォニックスやカランメソッドなどの英語学習法を採用したオンライン英会話も、授業料が高い傾向にあります。

5、6千円で低価格なオンライン英会話スクールは、フィリピン人講師が教えています。ネイティブに比べ発音やイントネーションを心配するかもしれませんが、発音は大きくなってからでも正しく修正できるものなので、それほど気にする必要はありません。それよりも、英語を母国語のように理解する英語脳を養うことが重要なので、フィリピン人講師との毎日のレッスンは、子供のバイリンガル教育に非常に役立ちます。

また、子供のレッスンを親御さんがそばで見守ってあげながら、ご自分もいっしょに学校で学んだ英語を復習できますので、レッスンの時以外にも家族で習った英語のフレーズを使ってコニュニケーションしたり、旅行先で実際に使ってみることで、さらに効果を高めることができます。

子供が英語を学び始める年齢は、それぞれの家庭で決めて良いと思いますが、遅くとも小学生低学年から中学校へ入るまでの間は、しっかり英語にふれる環境を作ることがバイリンガルに育てるためのポイントです。

 

子供のオンライン英会話

英語と日本語を話すバイリンガルに育てるためには、10歳ころまでに、ふたつの言語をしっかり区別して話す環境が必要になります。

お母さんまたはお父さんが英語が話せたり、インターナショナルスクールへ進学させたり、海外へ親子留学など出来る場合は、大変恵まれていますが、一般的な日本人家庭でどのようにバイリンガルを育てていくのか。

日本にいながら子供たちをバイリンガルに育てた友人は、子供たちと英語で触れ合う時間を毎日30分ほど、ずっと中学校へ上がる頃まで続けたそうです。そして、できるだけ英語で接するようにしたことで、子供たちは流暢に英語を話せる子になりました。

親が英語を話せない家庭の場合、留学生をホームステイとして招いたり、外国人の方にベビーシッターを頼んだり、子供向けの英語教室へ通うことが、英語に子供を触れさせる従来の方法でしたが、いまはオンライン英会話という大変画期的な学習サービスがあります。

ネット環境とパソコン、またはタブレット、スマートフォンさえあれば、外国人の先生と英語でコミュニケーションする環境をつくることができます。そのうえ、従来の英会話教室の月謝よりも安く、送迎いらずで自宅で好きな時間に学習できたりとメリットも多いため、昨年あたりからオンライン英会話のスクール数も生徒さんも急増しています。

幼児や小学生専門の学校もありますし、年齢問わず幼児から社会人まで対象にしてるところもあります。どちらの場合も、子供が興味をもって学べるオリジナル教材や、海外で使用されている権威のある大学が出版している教材を使って授業をすすめています。

お子さんたちをバイリンガルに育てた私の友人の例に近い環境をつくる場合、わずか30分でも毎日英語に触れることが重要に思われる点で、それがオンライン英会話でも再現することが可能です。

オンライン英会話の場合、いろいろなプランがあります。週1回1時間のレッスンを月4回グループレッスンでおこなうスクール、毎日25分の個人レッスンが受けられるプラン、好きなときにチケット制で利用できるプラン、兄弟や家族みんなでレッスンが受けられるプランなど、さまざまです。

一番理想のプランは、やはり毎日1レッスン受講するものです。授業料を心配する方もいらっしゃるかもしれませんが、一ヶ月5千円から6千円ほどで賄うことができますので、子供をバイリンガルに育てるために大いに活用したい学習サービスです。

 

 

 

英会話以外にもメリットがあるバイリンガル教育

日本では、バイリンガルと聞くと特別な存在のようなイメージがありますが、国境が複数の国と接しているスイスなどのヨーロッパ諸国では、多くの子供たちが2か国語、3か国語を自由に話すことができます。日本人のように、一生母国語のみ話すモノリンガルは、世界でも少数派といえます。

バイリンガルに育てることは、外国語を話せるようになるだけではなく、子供の知的発達を刺激したり、柔軟性のある思考力や想像力を高めたり、言語感覚が養われるため、第二・第三外国語の習得にも役立つといわれています。

モノリンガルの人が外国語を習得するためには、海外留学したり、長期間英会話学校へ通ったりと、時間と労力にくわえ、経費も余計にかかってしまいます。幼児期から小学校6年生ころまでにバイリンガルに育てる以上に、苦労がともないます。

以前は、父親の仕事の関係で幼少期を海外で過ごしたり、国際結婚の家庭など、特別な環境で育った限られた人がバイリンガルになると考えられてきましたが、昨今では、家庭や学校、環境を整えることで、お子さんをバイリンガルに育てることができるノウハウが明らかになってきました。幼少期に海外生活を送った帰国子女や海外で生まれて育った日系子女など、自然とバイリンガルに育った大勢の子供たちの体験談によるものです。

一番大切なことは、家庭のなかで、はっきりと二カ国語を使い分けること。言語の形成期である2歳から12歳頃までに、お子さんを言語の使い分けをする環境におくことで、自然と子供がバイリンガルに育つことがわかっています。インターナショナルスクールや親子留学もひとつの方法ですが、それほど経費をかけなくても、この環境を家庭でつくることで、どんなお子さんもバイリンガルへ育てることができるのです。

幼児・子供のバイリンガル教育について

幼児や子供の英語教育で、誤解されてる方がたくさんいます。

子供は、大人が考える以上に、非常に容易に言語を習得する能力があります。まず、お母さんが、子供の能力を信じることが大切です。

語学の習得能力は、年齢によって異なります。0歳から9歳の時期は、外国語を母国語のように、複数であってもどんどん覚えることができます。しかし、その言語に触れる環境をやめてしまうと、たった2,3ヶ月で簡単に忘れてしまう時期でもあります。10歳から12歳に覚える言語は、一生使える母国語として定着しますので、完璧なバイリンガルになります。13歳以降は、外国語として意識的に学ばないと脳に入らなくなってしまいます。

バイリンガル教育として最適な期間は、5歳頃からはじめて12歳までしっかり継続することが大切です。6年生までしっかり基礎力がつくと、そのあとは自分で本を読んだり、映画を観たりしながら、ボキャブラリーを増やしていくことができます。母国語のように自然に言語を習得できる9歳までに英語学習をはじめて、12歳まで続けることがバイリンガルに育てる一番大切なことです。何歳からはじめるかは、親の価値観によりますが、12歳まできっちり続けること。

そして、親も一緒に子供と簡単な英語で話すことも非常に効果的です。多少発音に自信がなくても、親が簡単な英会話を正しい使い方で子供とコニュニケーションすることは、子供にとって大きな財産になります。いつか正しい発音を身につけることは必要ですが、発音はあとから上書きすることができますので、積極的に親子で英語を話してみましょう。

早くから英語教育をすると日本語の上達を心配する方もなかにはおりますが、日本に住んでいるのであれば、その心配はありません。学校、テレビ、環境のなかで十分母国語を吸収できるからです。お子さんの英語教育のために、英会話教室やオンライン英会話などを活用しながら、お母さん、お父さんも一緒に英語を学んで、お子さんと会話してみることも非常に効果があります。

そして、ディズニーなど英語のアニメなどを繰り返し観ることで、ボキャブラリーもどんどん広がっていきます。人任せにせず、お母さんやお父さんも一緒に英語で子供と触れ合うこともバイリンガル教育では大切なことです。

2020年からの英語教育と早期英語教育

こどもの早期英語教育の人気が高まっています。英語活動の授業を取り入れる幼稚園や小学校が増えてきましたし、幼児や小学生向けの英語教室、英語教材、オンライン英会話、親子留学なども、一般的になってきたからでしょう。

また、2020年より実施される英語教育改革の影響もあります。

いま小学校5年生と6年生で実施されている体験型学習の外国語活動が、小学3年生と4年生で行われるようになります。成績はつきませんが、アルファベットを書く練習や、動物・食べ物・色などの単語を楽しく学ぶ大事な時期です。

そして、5年生と6年生は、英語が評価対象となる正規の科目として加わります。いままで中学校で学んでいたレベルの内容を小学校で終えて、中学校では今の高校レベルの内容を、すべて英語で教える実践的な授業へと変わります。

小学校高学年になると漢字も難しくなってきますし、従来の学習内容に加えて英語を勉強することに、不安を感じる保護者も多いと思います。

また、学校の成績や受験のための英語学習ではなく、将来世界で活躍できる実践的な英会話力、コミュニケーション能力を、学校の英語授業で本当に身につけられるのか・・・ 受験だけの英語を経験して、英会話力にコンプレックスをもつ保護者の方々は、子供たちにはそうなってほしくないという思いから、早期英語教育をはじることで安心できるそうです。

このブログでは、子供にとって一番効果的な早期英語教育について考えていきたいと思います。